2017年12月23日

性の多様性から見た小学校保健教科書 ー功刀研究報告会(例会報告)

 4人で行ったブロック例会。最近の研究報告の中では、わかりやすい内容でした。次期学習指導要領の保健教科書のことを注視しなければと思った次第です。私なりにわかったことを挙げます。

@はじまりは子どもの呼称をどのように呼んでいるのか?という身近な話題から入りました。多くの小学校では、「くん」ではなく「さん」が使われています。混合名簿を推進してこられた人たちは、「さん」の方が人権意識が高いのだと言うけど、そうなのでしょうか?教科書は「わたし」ではなく「ぼく」です。「さん」で呼ばれるといやがる子どももいます。この辺りはどう受け止めたらいいのでしょうか?
 今年の4月に出された文科省「性同一障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」には、具体的な事例が挙がっています。呼称の工夫として「校内文書(通知表を含む)を児童生徒が希望する呼称で記す 自認する性別として名簿上扱う」とされています。だから、全て「さん」で呼ばなければダメということでもないと言えるのではないでしょうか?

A今までそんなに真剣に学習指導要領と教科書を見比べたことがなかったのですが、解説書の文言が忠実に教科書に反映されているということがよくわかりました。今回の改訂で、功刀さんは、現行の教科書の、思春期のからだと心の変化の個人に関する記述で、体つきの変化、体の中の変化が、「〜だれにでも起こる」という文言が削除されていることに注目すべきだとされています。
・体育編3・4年の「思春期の体の変化」に関する解説文の新旧比較
旧(現行2008年6月)→「・・・さらに、これらは(思春期の体の変化)、個人によって早い遅いがあるもののだれにでも起こる、大人の体に近づく現象であることを理解できるようにする。」
新(2017年6月)→「・・・さらに、これらは(思春期の体の変化)、個人差があるものの、大人の体に近づく現象であることを理解できるようにする。
「LBGTI」という性の多様性を認知されていく今の流れの中で、教科書にどう反映されていくのか注目すべきだとされています。

Bしかし、17年3月のパブリックコメントに対する文科省の態度は消極的です。パブリックコメントの「性的マイノリティーについて規定し、保健体育などの「異性への関心」を削除すべき」という意見に対し、文科省は、「・・・「性的マイノリティー」について指導内容として扱うことは、個々の児童生徒の発達の段階に応じた指導は、保護者や国民の理解、教員の適切な指導の確保などを考慮すると難しい」と回答しています。あくまでも、「LBGTI」は個別に対応すべきだとする態度です。

この辺りのことが、保健の教科書にどう記述されるのか、大きな曲がり角に来ているという感想を持ちました。ブロック例会のことは、支部ニュースで報告されます。
posted by まんぞう at 00:33| Comment(0) | 日記

2017年12月07日

すもう 日本相撲協会(相撲博物館)からの返信

 相撲協会をめぐってのいろんな報道があって、あまり期待をしてなかったのですが相撲協会からの返信がありました。相撲博物館の方が2年の子どもの素朴な質問に対して、丁寧に答えてくださっています。

@どうしてしおをまくのですか?
→塩(しお)について/じぶんと土俵(どひょう)を清(きよ)めるために、塩をまきます。土俵は神聖(しんせい)なものなので、そこにあがる自分(じぶん)と土俵を清めます。

Aまわしのよこについているひもは何なのですか?
→まわしのよこのひもについて/まわしについているひもは「さがり」といいます。前をかくすいみがあります。

Bまわしの色はきまっているのですか?
→まわしの色について/きまりでは「黒(くろ)・紫(むらさき)色系統」となっています。テレビでほうそうするようになったころから、見た目が良いのでいろんな色がつかわれるようになりました。協会としては、黙認(もくにん)しています。

Cどうしてちょんまげをしているのですか?
→ちょんまげについて/江戸(えど)じだいまでは、ふつうの人もみんなちょんまげをしていました。明治(めいじ)じだいになってちょんまげをやめましたが、おすもうさんたちはちょんまげ以外はにあわないということでやめませんでした。また、頭にかみの毛を多<することで、頭をまもることにも役立っているそうです。ちなみに、まげには「ちょんまげ」と「大銀杏(おおいちょう)」の2つのタイプがあります。いちにんまえのおすもうさんは、とりくみの時に「大銀杏」にします。横綱(よこづな)・白鵬(は<ほう)もふだんは、「ちょんまげ」です。

Dどうしてはだかですもうをするのですか?さむくないのですか?
→おすもうさんのかっこうについて/まわし一つですもうをとることは、平安(へいあん)時代から続く伝統(でんとう)です。じゅんすいに、力(らから)をくらべるためのかっこうだと思います。ちなみに、普段は和服をきています。さむい冬にはコートもきます。

Eかったときにもらうのは何ですか?何が入っているのですか?
→かったときにもらうものについて/「懸賞(けんしょう)」といって、なかにはお金が入っています。幕内(まくうち)のとりくみには、お金をかけることができ、かったおすもうさんにわたされます。

Fどうして土ひょうは高いのですか?あぶなくないのですか?
→土俵がたかいことについて/土俵のたかさは、やく60センチです。これは、@おすもうをみえやす<するため、Aケガをしないようにするための2つのいみがあるそうです。おきゃくさんは、みんな座ってみるので、うしろの人はみえなくなってしまいます。そこでステージのようにたかくすることで、よくみえるようにしました。また、地面からのきょりをとることで、おちていくおすもうさんが受け身(うけみ)をとる時間をとることができます。さいきんでは、足からおらる人が多<ケガが多くなってもいますが、ほんとうはケガをふせぐためにたかくしています。
 
 手紙の他にも、白鵬のちょんまげや大銀杏の写真、懸賞をつかむ御嶽海、宝富士の冬服など、写真の資料も入っていました。たいへん丁寧な返信に感激でした。




posted by まんぞう at 23:10| Comment(0) | 日記

2017年12月04日

すもう わからないことは手紙を書いて聞く

 12日から九州場所がありましたが、すもうを見てくる宿題を出しました。そして、わかったことわからないことを出させました。不思議に思ったことの多い順に並べると以下のようになります。

@どうしてしおをまくのですか?
Aまわしのよこについているひもは何なのですか?
Bまわしの色はきまっているのですか?
Cどうしてちょんまげをしているのですか?
Dどうしてはだかですもうをするのですか?さむくないのですか?
Eかったときにもらうのは何ですか?何が入っているのですか?
Fどうして土ひょうは高いのですか?あぶなくないのですか?

これらの質問をまとめて、日本相撲協会に手紙を出しました。
posted by まんぞう at 22:46| Comment(0) | 日記

2017年12月03日

性の多様性から見た小学校保健教科書 ー功刀研究報告会

これぞ同志会の神髄!毎年恒例となっている功刀研究の学習会です。
今回は小学校保健教科書について考えてみます。
現在の小学校保健教科書は、男子、女子の記述にはそれぞれの性を際立たせる記述が多く、いずれも LGBTの人々の自尊心を傷つけるものとなっています。次期学習指導要領の改訂に伴って教科書の記述は改善されるのか?今後改訂される教科書はどう変わるのか?さらに長期的な展望としてユネスコなどの国際的な動向も探ってみます。
以上の内容について功刀氏から報告していただき、保健教科書の在り方について参加者で考えてみたいと思います。興味をお持ちの方は、是非ご参加を!!

日時:2017年12月16日(土)2:00〜4:30
会場:奈良女子大 大学院 F 棟 406 教室

posted by まんぞう at 18:38| Comment(0) | 例会案内

2017年11月24日

続々・すもう前史

(つづき)すもうに関するうんちくの中でも私が一番関心を持ったのが、奈良に野見宿禰が祭られている相撲神社があるということでした。これは見に行かなくてはと思い出かけました。山辺の道を少し外れた所にある小さな神社で、手入れもしていないせいか、当時は草が一面に生えていました。神社には、四角い土俵があって、そこには四本の木が植わってありました。私は、それらをカメラ(当時は「写るんです」)におさめて、現像した写真をはって画用紙にまとめたものをY君に見せました。Y君は大変興味を持ってくれました。また、相撲中継のビデオを見せたりもしました。Y君に、相撲について分からないこと、もっと知りたいことを出させて、そして、私がまた調べてくるといったことを繰り返し、私自身も楽しかったです。
 一方、担任している喘息の子ども達も体育で相撲を行いました。体育の備品でふんどしセットも買ってもらいました。今、二年生の子どもたちがすもうを行っていますが、しり相撲やケンケン相撲は、当時、喘息の子どもたちと行ったことと全く同じです。Y君が病室で相撲についてまとめ、それを今度は、喘息の子ども達にも知らせました。喘息の子ども達がすもうをとる様子をVTRにおさめ、それを病室でY君に見せました。登校の子どもも、登校できない子どもも相撲でつながった学習を展開することができました。そして、11月の新任の研究授業研でも相撲を行いました。相撲一色の数ヶ月間でした。
posted by まんぞう at 20:50| Comment(0) | 日記