2017年04月17日

体育科教育5月号

5月号は「よみがえれ!日本の運動会・体育祭」と言う特集で、同志会からは、神谷さん、吉澤さんが書いておられます。中でも、吉澤さんの「子どもは秋の運動会でこそ育つ」という原稿はおもしろいです。
 冒頭に、「作品が出来ていないから、図工の作品展を春にすることは無理です。」「歌唱も楽器の指導も始まったばかりだから、音楽会を春にするのは無理です。」こういう主張はもっともだと反論もなく受け入れらるのに、なぜ体育だけが春に追いやられているのか?と問題提起しています。以下は自身の「孫悟空」のテーマで取り組んだ運動会の表現を報告されています。かつてその映像をみせてもらったことがありますが、独創的な表現となっています。これを完成させるためには、一学期からの取り組みが必要で、だから、秋の運動会となるという主張です。
 吉澤さんの原稿の一方で、運動会をしたら子どもの規範意識が高まり、自己責任に基づく判断ができるようになった、という笑ってしまうような原稿もあり、5月号はおもしろいです。
posted by まんぞう at 21:08| Comment(0) | 日記

2017年04月16日

じっくりマット実技例会

 15日(土)に奈良女子大体育館でマット実技教室が開かれました。職場の人に声をかけてもらったせいか、40名が集まって、マットの実技を行いました。若い先生が多くて盛況でした。
IMG_2486.jpg
posted by まんぞう at 20:15| Comment(0) | 日記