2017年11月24日

続々・すもう前史

(つづき)すもうに関するうんちくの中でも私が一番関心を持ったのが、奈良に野見宿禰が祭られている相撲神社があるということでした。これは見に行かなくてはと思い出かけました。山辺の道を少し外れた所にある小さな神社で、手入れもしていないせいか、当時は草が一面に生えていました。神社には、四角い土俵があって、そこには四本の木が植わってありました。私は、それらをカメラ(当時は「写るんです」)におさめて、現像した写真をはって画用紙にまとめたものをY君に見せました。Y君は大変興味を持ってくれました。また、相撲中継のビデオを見せたりもしました。Y君に、相撲について分からないこと、もっと知りたいことを出させて、そして、私がまた調べてくるといったことを繰り返し、私自身も楽しかったです。
 一方、担任している喘息の子ども達も体育で相撲を行いました。体育の備品でふんどしセットも買ってもらいました。今、二年生の子どもたちがすもうを行っていますが、しり相撲やケンケン相撲は、当時、喘息の子どもたちと行ったことと全く同じです。Y君が病室で相撲についてまとめ、それを今度は、喘息の子ども達にも知らせました。喘息の子ども達がすもうをとる様子をVTRにおさめ、それを病室でY君に見せました。登校の子どもも、登校できない子どもも相撲でつながった学習を展開することができました。そして、11月の新任の研究授業研でも相撲を行いました。相撲一色の数ヶ月間でした。
posted by まんぞう at 20:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: