2017年04月30日

どこに行った?「習得・活用・探求の力を育てる学習活動」

支部大会の基調が回ってくるので、何を書こうか考えていると、今の学習指導要領は何が売りだったのかということが気になってきた。体育に限らず、今の指導要領の目玉は「習得・活用・探求の力を育てる」ことだったはずだが、この文言はほとんど聞かれない。文科省はアクティブラーニングの看板を下ろしたようだが、本当だったら、これが出てくる前に、習得・活用・探求の具体が報告されていてもおかしくないのに、忘れ去られた言葉になってしまったような気がする。

それで、もう一度今の指導要領を解説した書籍をあたってみると、教育の方向性が思考力重視に向かう中でこの3つの文言が採用されてきたようだ。体育に限っては、こじつけとも思えるようなあてはめ方であり、私の当時のメモにも、「習得が基本、活用・探求が発展であるならば、かつてのめあて@、めあてAとどこがちがうのか?」と書いてある。

解説書の跳び箱の例では、習得型が「開脚跳び」、活用型が「大きな開脚跳び」や「抱え込み跳び」となるだろう。また、ボール運動では、タスクゲームが習得型、合理的な作戦を立てて実行すると、活用型や探求型になるだろうとされており、こじつけというか、どってことのないカスのような中身だ。

アクティブラーニングがそうだったように、何らかの言葉を文科省が示したら、それを拡大解釈、こじつけの理屈でもって同じ路線に立とうとする人たちがいる。アクティブラーニングの書籍は、言葉をかえるのだろうか?
だから、同志会も「それは私たちがやってきたことだ」と言わないことだ。でないと彼らと同じ側にたつことになる。「習得・活用・探求の力」のように時間が経てば忘れ去られていく言葉に振り回されないことが大事だろう。
posted by まんぞう at 11:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: