2018年04月21日

道徳が始まった(まどさんの詩を使わないでほしい)

 道徳が始まった。ワシの学校は、日文の「生きる力」を使っている。これにはワークシートがわざわざつけてあって、やったことを残さないといけない縛りがある。4年生のはじめは「朝がくると」から始まる。まどみちおさんのすがすがしい詩であるが、その設問がいけない。
■自分たちの生活をささえてくれる人たちは、どんな思いで仕事をしているのでしょう。
■家族や地いきの人、お年よりに対して、気づかないでいた「ありがとう」をたくさんさがしてみましょう。
とある。
 この詩から感謝を教えることが目的だそうだが、「それは無理でしょう」と言いたくなる。特に、2番目は、なぜ家族や地域への感謝に繋がるのか分からないし、実際、子どもも何を書いていたら良いのか困っていた。
まどさんの詩が、こんなにも変に使われてしまっていて、ひどいと感じる。
posted by まんぞう at 20:32| Comment(0) | 日記

2018年04月02日

実技教室

開会の1時になっても誰も来なくて、「これはつらいブロック例会になるかも」と、古川さんと話していました。ブロックのメンバーも都合がつかず、日程の設定が悪かったのかと始まりから反省会をしていました。仕方なく2人で例会を始めていたら、未会員の方から遅れて来るという連絡があり、何とか3名で実技教室を始めることができました。低学年中学年の内容でしたが、参加された方が、高学年ということもあり、小学校のマットの全ての実技を行いました。3人なので回ってくるのがはやい。たっぷりマットの実技ができました。「運動が苦手な子どもだった」と言っておられた方も側転ができて、満足されたようでした。

<参加された感想から>
 本日は自身が苦手とするマット運動の講習会ということで楽しみにしていました。内容としては、側転ができるようになるまでの一連の指導を教えていただきました。指導方法は懇切丁寧に教えていただき、質問にも細かく答えていただいたため、とても有意義な時間を過ごせました。何より、自分が側転ができるようになったことが嬉しいです。この喜びを子ども達にも伝えたいと思います。ありがとうございました。
posted by まんぞう at 20:58| Comment(0) | 日記