2017年08月13日

山梨大会 水泳「水辺文化」分科会

 夏休みも半分過ぎてしまいました。
 大阪支部大会、奈良ブロック民舞教室、山梨大会といつもの夏の同志会行事に参加してきました。
 山梨大会では、いつものように水泳「水辺文化」分科会に出ました。今回は9名ととても少なかったです。実践提案は佐賀の中島さん「水泳から命を考える〜水泳のわかる、水辺文化を問い直す〜」で、これは問題提起になる実践報告でした。
「水から命を守る」ことは余りにも自明のことであるので、これまでの水辺分科会では、それは安全教育が担うべきだと考えていました。分科会では、もっぱら文化としての水泳を教科内容に位置づけており、「水から命を守ること」は範疇にはなかったと言えます。
 しかし、近年の着衣泳を背泳の学習として位置づける実践や、「動く水」の学習として捉え直す日本泳法の実践なども行われています。「命と水泳」を教科内容として位置付かせることも必要ではないかのか?という今回の中島実践の提起であったように思えます。
 中島実践は、制野先生の「命と向き合う教室」をヒントに水泳と生命という視点で取り組まれていました。子どもの感想には、「疲れない泳ぎ方をしたい」「リラックスして浮けるようにしたい」「流れには無理に逆らわない」など、常に、自分の安全、安心を意識しながら泳いでいたことがよくわかります。実践では、常に「動く水」の中で泳がせるという中島さんの仕掛けがあったからであり、子どもたちは、今泳いでいることと「命と向き合うこと」を関連させながら泳いでいました。そして、子どもたちの理解の到達点の一つは、「命を守るためには、浮き、呼吸が必要である」という理解をしています。これは、全くそのことがドル平の核と同じなのです。また、着衣泳での背浮きが楽であることや、疲れないためにはどうすれば良いのか、このような理解が、近代泳法とは何か、日本泳法とは何か、何のために泳ぐのかという、泳ぎのより深い理解へとつながり、水泳をする意味を子ども自身が問い直していたように思えます。
 水泳「水辺文化」分科会の今の課題を浮き彫りにしてもらった実践であり、私は大変刺激を受けました。
posted by まんぞう at 23:00| Comment(0) | 日記